2024年3月期 第3四半期決算について

株主ならびに投資家の皆様には、常日頃よりご意見や激励のお言葉をいただき、深く感謝申し上げます。

また先日(1月1日)の令和6年能登半島地震におきましては、被災された皆様ならびにご家族、関係者の皆様に心よりお見舞い申しあげますと共に、一日でも早い被災地の復興をお祈り申しあげます。

 

さて、2024年3月期第3四半期決算の発表をしましたので、ここにご報告申し上げます。

当連結会計年度の第3四半期連結累計期間(2023年4月~12月)の売上高は、319億円(前年同四半期比1.3%減)となりました。内訳としましては、男性向け売上高が172億円(同1.7%減)、女性向け売上高が96億円(同2.7%減)と、男女共にリピート売上は堅調でしたが、新規売上が苦戦し減収になりました。一方、女性向け既製品売上高は、入居する商業施設の来店客数増加等により、40億円(同10.5%増)となりました。

 

利益につきましては、売上高の減少に加え、売上原価、販管費の増加により、営業利益は26億円(同20.6%減)、経常利益は27億円(同17.2%減)、親会社株主に帰属する四半期純利益は20億円(同0.7%減)となりました。

なお、今回の決算発表と同日に2024年3月期の業績予想の修正を発表しました。こちらは第3四半期までの決算内容と今後の動向を踏まえて、売上高、利益共に2023年5月12日に公表しておりました当初計画を下回るものと予想しております。また、業績予想の修正に伴って、年間配当金額を配当方針に則り、下限である28円に修正することも発表しております。

 

今年度も残すところあと僅かとなりましたが、当社はこれからも変わらず、「ふやしたいのは、笑顔です。」をモットーに、お客様のニーズにお応えした最高の品質と最良のサービスを提供してまいります。

皆様には、今後ともより一層のご指導、ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

2024年1月30日
株式会社アートネイチャー
代表取締役会長兼社長