株主還元・配当状況

株主への利益還元を経営の最重要課題の一つと認識しており、経営基盤の強化、財務体質の強化及び将来の事業拡大のための内部留保の拡充を勘案しつつ、株主への安定配当の維持に努め、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としています。

【配当方針】

連結配当性向40%以上を基本に、現状水準(年間配当28円)を下限として、連結業績に応じた配当水準の向上(1円単位で増配)を図ります。但し、ROE10%超を達成するまでは、連結配当性向50%以上を基本とします。なお、連結当期純利益が大きく変動する場合には、その影響を考慮して配当水準を決定することもあります。

配当状況

2019年
3月期
2020年
3月期
2021年
3月期
2022年
3月期
2023年
3月期
2024年
3月期
(予想)
年間配当金(円) 第1四半期末 ------
第2四半期末 14.0014.0014.0014.0014.0014.00
第3四半期末 ------
期末 14.0014.0014.0014.0014.0014.00
合計 28.0028.0028.0028.0028.0028.00
配当金額(百万円) 911908902899908-
配当性向(%) 48.959.1107.774.748.379.3
純資産配当率(%) 3.83.63.63.63.6-

ご利用上の注意

  • 本データの記載内容は、決算短信に基づき作成しております。
  • 決算短信様式変更等に伴い、更新の頻度が変更になる場合があります。
  • 決算等に関する情報の詳細に関しましては、決算短信等の資料にてご確認ください。
  • 決算短信等の訂正が発表された場合、本データの記載内容は即時反映されません。
  • 掲載のためのデータ変換にあたっては相当の注意を行っておりますが、第三者による人為的改竄または機器等の誤作動による機械的瑕疵その他不可抗力によって情報に誤りを生ずる可能性がありますのでご注意ください。
  • 本ページ内掲載の財務データおよびコンテンツは、野村インベスター・リレーションズ(株)提供の「ShareWith」を利用しています。

Powered by